FC2ブログ

記事一覧

地域猫活動ガイドライン活用のすすめ

平成22年に環境省は「住宅密集地における
犬猫適正飼養ガイドライン」のなかで初めて
「地域猫」という言葉を公に記述しました。
千葉県でもそれを参考に「地域猫活動に
関するガイドライン」をつくりました。

せっかく行政が辛苦して作ってくださった
ガイドライン、読んでみませんか?
地域猫ガイドライン
1 :  先入観を持たずに読む。
2: 読んだとおりにやってみる。
3: 町会長、近隣の方々にダイドラインを
   渡し「この活動をやってみたいので、
   みておいてください」と話す。
4: ボランティアの立場で読み、やりやすいように
   解釈する。
※ボランティア、行政、町会組織、それぞれの立場で
  ガイドラインを解釈するといいそうですよ。
  なによりもコミュニケーションが大事。
  ガイドラインについて意見交換等をするのも
  1案かな。
5: 町会の集まり等でガイドライン、パンフレットを
   使って活動の説明をする。行政職員さんに
   協力、参加お願いする。

この説明会を開催できれば活動も半分成功したも
どうぜんです。

※「合意」について
  ガイドラインに出てくる合意は難しく考えないでください。
  何事も100%の合意はありえませ激しい反対が
  なければ「よし」とします。そのためには日頃より
  ご近所との良いコミュニケーション、猫被害のある方への
  気遣いがとても大事です。
  そしてガイドラインをしってもらってください。

習志野市は市のガイドラインがありません。よって上記の
画像の県のガイドラインを使います。

ご希望の方はお送りいたします。
070-6960-4815までお電話下さい。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント