FC2ブログ

記事一覧

新年の確認の続きです。

先日の記事でTNRは地域猫活動の一部で、
過程ですと申し上げました。
今、町会で地域猫活動をしている二つの
地域では、前頭手術済みです。
後は人間の都合で不妊去勢されてしまった
猫たちの一世一代を守りながら周辺美化に
励みます。

地域猫活動は地域住民の手作りです。
我々、TNRの仕方、お手伝い、保革器の貸し出し、
資料の提供などのお手伝いはします。
しかしTNRを頼まれて、その地域にTNRだけ
しにいくなどのことはいたしません。
地域住民が、自らTNRに挑み、猫のえさ、トイレの
設置場所、トイレ砂などはなにが良いかなど
ああだこうだと試行錯誤しながら、餌やり時間、
餌場などのルール作りをしていきます。

それだからこそ地域住民の一体感が生まれるのです。
後は流入猫や遺棄に住民が気をつけていけばよいのです。

大きな団地でしている地域猫の会は、年2回の住民報告会と
管理組合の催しのときなど写真展で地域認定猫の
紹介をしています。

地域猫活動をしている地域の猫たちはこの地域の住民権を
与えられました。その子達の顔は日に日に穏やかになり
可愛くなってきましたよ。だって、もう隠れなくても
いいのですものね。


もう一度言わせてください。
TNR抜きの地域猫活動はありえません。
TNYは地域猫活動の一つの過程です。

お問い合わせ、ご質問は
070-6960-4815


KIMG0153_convert_20180109201907.jpg
リンコ、テレビ見えません。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント