FC2ブログ

記事一覧

苦節10年 続きの続き

チャ〜のお話も最後の回になりました。またまた長文ではございますが何とぞお付き合い下さいませm(__)m

苦節10年 続きのつづき
未分類
2013/02/0800:55 0 0
さび猫ちゃ~がケージから畳の上に脚をおろしたのは5月の
はじめでした。

彼女は明るい陽ざしの中でちゃ~を見るのは初めてでした。
薄暗い街燈の下でも顔立ちの良さはわかりました。しかし、
10年以上風雪に耐えたその体毛は艶がなくボソボソでした。

顔立ちが良いといっても緊張しているちゃ~のめはきつく
つりあがり、ボソボソの体毛で覆われている姿をみたとき、
彼女は少しギョっとしました。

しかし、ほっともしました。

やっとこれから普通の家猫になれる。

ほっとしたのも束の間、始まりました。おしっこ攻撃



彼女の家は昔から梅雨明けまでは炬燵の布団は掛けたままでした。
その炬燵布団にちゃ~はおしっこをしまくりました。
ちゃ~は腎臓が悪く多飲多尿です。一回の尿の量はテニスボール
から野球ボールぐらいです。

彼女はそんなちゃ~をおこりませんでした。自分の臭いがこの家に
染み込んだらおしっこ攻撃は治まるだろうと思ったからです。

案の定、梅雨明けぐらいにちゃ~は落ち着いてきました。そこで
彼女も炬燵布団を処分して部屋の中をすっきりさせました。

ちゃ~は頭の良い子です。この子は本当に10年以上、外で一人で
暮らしてきたのかと思うほど、人間の言葉を良く理解します。
お水を飲みすぎて、戻したくなると自分のトイレに駈け込みます。

ある日ちゃ~がトイレの真ん中に座ってうなだれてtました。
彼女が「ちゃ~どうしたの?」と尋ねると「ん、なんでもないの」
と言わんばかりにトイレから出ました。と、途端にバァーっと床の上に
戻してしまいました。ちゃ~はすまなそうでした。彼女も自分が下手に
声などかけなければトイレでもどせたろうに悪かったなぁと思い、ゴメンゴメン
と言いながら掃除をしました。

先住猫達とは決して上手く溶け込んでいるとは言えません。しかし双方
威嚇することもなく静かなちゃ~の生活はまわっています。

ちゃ~が彼女の家の子になってから一年がすぎました。
少しだけ太ったちゃ~が座布団にリラックスして寝ている姿をみるとき、彼女は思うのです。

10年間ご苦労さま。お前達がにこやかに手を振って虹の橋を渡りきるまで、
かあさん、がんばるよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちゃ〜は平成25年8月21日、私の布団のなかで私の胸のなかで静かに宇宙の国に旅立ちました。今でもふっと涙が出ます。あの時は「これが最良」と思っていましたが、今は後悔ばかり残ります。
この涙は後悔の涙でしょうか?

長い話をお付き合いくださいましてありがとうございました。

                



スポンサーサイト



コメント

ご無沙汰してしまいました

大変ご無沙汰してしまいました。

まずは、ご体調のこと。長いお休みをされている間、いかがされているだろうとずっと心にありましたが、またブログが再開なされて安どいたしました。頚椎症、お辛い症状が出るご病気だと存じます。症状は落ち着かれていますでしょうか。どうぞ無理をなさらず、ご快方に向かわれることをお祈りいたしております。

ちゃ~ちゃんのこと、温かくそして切ない何とも言えない気持ちになりました。
心が通じ合う、そういうことなんだろうと感じます。
おうちの猫になって、ちゃ~ちゃんも穏やかに過ごせる時間があって幸せだったことだろうと想像いたします。

世の中のどのネコも犬も、どの命も、ただ生きるためだけに生きるのではなく、穏やかな瞬間があってほしいと願ってやみません。

・・・

後先になりましたが・・・

わが家のマルクも去年9月、わたしの腕の中で息を引きとりました。

血栓が詰まった足が麻痺し歩けなかった時には、いろいろとご助言をくださり、またリンパマッサージのDVDもお貸しいただき本当にありがとうございました。直接のお礼ができず、大変失礼いたしました。

マルクは亡くなる前の3か月ほどは非常に元気で、病気のことも忘れるほどの日々が続き、病気にはなりましたが、幸せに過ごすこともできました。

ご厚情をいただき、心から感謝いたしております。ご報告ができないままでいたことを気にかけておりましたが、ようやくこうしてご連絡することができました。

わたし自身もしばらくブログやSNSから遠ざかってしまっていたのですが、ようやく再開する気持ちになりました。

世の中がこのような状況ですが、どうか、お身体お大事に、お気をつけてお過ごしください。

コメントの投稿

非公開コメント